14周年✨

2020-03-27

おかげさまで来る3月27日をもちまして

開院14周年を迎えることになりました。

.

これもひとえに、患者様のご厚情とご支援の贈物と

深く感謝申し上げます。

出来る限りコミュニケーションを取り

声に耳を傾け、「希望・ご要望」を知る。

そして専門医の立場から見解を述べ、

「現状・治療方針」を共有していく。

日々、スタッフ一同努めてまいりたいと思います。

.

これからも、何卒変わらぬご愛顧、お引き立てを賜りますよう

心からお願いし、14周年のお礼とご挨拶を申し上げます。

.

今後とも、いのうえ歯科クリニックを宜しくお願い致します。


カテゴリー スタッフブログ

乳歯の虫歯は大人の歯にも悪影響が…

2020-03-06

”乳歯の特徴”

  • 永久歯に比べてエナメル質や象牙質が半分しかない
  • エナメル質が非常に柔らかく、もろい
  • 再石灰化能力が弱い

乳歯は虫歯菌に対して非常に弱い性質なんです!!!

”乳歯の虫歯が持つリスク”

  1. 大人の歯が虫歯になりやすくなる
  2. 抜歯によって将来の歯並びが悪くなる
  3. 悪影響が口腔外にも及ぶ

2→永久歯からすると、乳歯の根は生える方向を示すガイドのようなもの!しかし、抜歯によって乳歯がなくなっていたとしたら、永久歯はどこに向かって生えていけばいいかがわからなくなってしまいます💦

上記の仕組みからもわかる通り、乳歯と永久歯には直接的な関わりがあります☝️

そのため、乳歯が重篤な虫歯になってしまうと、その菌が永久歯に感染する可能性があります😵

3→虫歯になった乳歯には、痛みが起こります!すると、硬いものを噛むのが嫌になるかもしれません。人は、物を何度も噛むことで顎を十分に発達させるが、柔らかいものばかり口にしていれば、咀嚼回数が少なくなり噛む力が養われなくなります。

加えて、偏食傾向になると肥満になりやすくなってしまいます😵

 

お子様が痛がっていたり、虫歯かな?と気になった場合には、歯医者へ行くようにしてください😊

 

 


カテゴリー スタッフブログ, ブログ

歯を抜けたままにしておくと起こる影響⚡️

2020-01-30

歯を抜けたままにしておくと10個の影響が起きてしまいます😰

噛み合わせが悪くなる

抜けた歯の両隣の歯が移動したり、傾いたりするので噛み合わせが悪くなる。

顎関節症を起こす

噛み合わせが悪くなることにより、噛むたびに顎がずれるので、顎関節症を引き起こす可能性がある。

歯が伸び出る

抜けた歯と噛み合わさっていた歯が、今まであった歯に噛み合わせようとして、伸び出てしまう可能性がある。

見た目が悪くなる

歯並びのバランスが悪くなるため、笑った時の見た目が損なわれてしまう。

老け顔に見える

噛む力が衰えるため、顔の筋力が低下。シワやたるみが増えるだけでなく、頬が下がるため老け顔になってしまう可能性がある。

他の歯がもろくなる

残りの歯に余分な力がかかることによって、健康な歯に負担がかかり、他の歯の寿命に影響する。

治療費がかさむ

「歯が1本抜けただけなら大丈夫。」と思うが、抜けた歯を放置しておくことで、口の中の環境が変わり、歯並びも変化していく。

よって、さまざまなトラブルが生じて、他の歯の治療も必要となるため、結果的には費用がかさむ恐れがある。

消化器官に負担がかかる

食べ物をよく噛み砕かずに飲み込むため、消化器官に負担がかかる

痴呆症を引き起こす

噛む力が衰えることにより、脳への刺激が低下し、阿呆の原因となる。

発音障害を引き起こす

歯の隙間から空気が抜けることで、会話(発音)がしづらくなり、発音障害になる可能性がある。

上記の影響を受けないためにも、歯が抜けてしまった時は歯科へ受診してください😊✨


カテゴリー スタッフブログ, ブログ

年末年始の休診日のお知らせ

2019-12-27

年末年始の休診日のお知らせです!

12月29日(日)〜1月5日(日)

となります。

ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願い致します。


カテゴリー スタッフブログ, ブログ

口内炎 予防と対策

2019-12-06

今回は、口内炎についてお話しします😊

一般的に口内炎は約10日から2週間程度で治ります!!

主な原因ってなんだと思いますか?

大きく分けて3つあります😳

①物理的刺激→歯や入れ歯が粘膜に当たる。乱暴な歯磨きで粘膜を傷つけた。口の中の粘膜を噛んだ。

②体の不調→病気や過労などで体力が低下している。ビタミンB群やビタミンA、ミネラルなどが不足している。

③口の中の衛生不良→歯磨きやうがいをしない。

原因に対しての予防と対策💪✨

❶粘膜を傷つけないために適切なブラッシングを心がけ、口腔内を清潔に保つ

❷ビタミンB2が不足すると口内炎が起こりやすくなるため積極的に摂る

❸炎症部分を刺激する香辛料の多い食事や熱い飲み物は避ける

❹喫煙の習慣がある人はタバコを控える

❺栄養バランスの乱れや過労、ストレスによる体力低下など、体に不調がある場合は、食生活を改善したり睡眠を十分に取り、生活習慣を改善し体調を整える

上記の5つで口内炎を予防しましょう♪


カテゴリー ブログ

歯の変色

2019-10-24

歯はどうして変色をするのでしょうか?

実は・・・

歯はもともと白くなくわずかに黄みをおびた色をしています😲

肌の白さが人によって違うように、歯の色にも黄みや赤みがあり個人差があります!!

〜変色してしまう原因〜

①コーヒー、赤ワイン、タバコなど色素の濃いものを日常的に摂取することで変色してしまう。

②虫歯などで神経が死んでしまった。または、金属の詰め物によって変色を起こす。

③歯の磨きすぎ、歯ぎしり、加齢などで歯のエナメル質が薄くなり、内側の象牙質が透けて見える変色。

④幼児期に抗生物質を摂取したり、先天性代謝異常や遺伝性疾患などが原因で起こる変色。

茶渋やタバコのヤニ、歯垢など歯の表面についた汚れによる変色は、それらの付着物を取り除くことで、本来の白さを取り戻すことができます😊✨

しかし、歯の内側から変色した場合には、歯磨きやクリーニングで白くすることはできません💦

プラスチックやセラミックといった、人工的な材料で変色を覆い隠すのではなく、特殊な薬剤を使って歯の中の色素を分解させる方法で、歯を削らずに『自然な白さ』を得ることが出来る、ホワイトニングがオススメです😁


カテゴリー ブログ

知覚過敏について

2019-09-19

冷たいものを口にした時、歯を磨いている時などに

虫歯ではない歯が、瞬間的にしみたり、不快を感じることはありませんか?

知覚過敏は、普通の虫歯のように、”原因を取り除いてすぐに治す”ことはできません😩

なぜ歯がしみるのか?

原因は…

①歯ぎしり

②くいしばり

③強いブラッシング

による歯と歯肉へのダメージから起こります!!

強いブラッシングは、歯肉の退縮やエナメル質の磨耗を招き

歯ぎしりやくいしばりは、その強い力によって歯と歯肉の境目に余計な負担を

かけ、歯の表面に亀裂ができたり、歯肉が下がって象牙質を露出させてしまいます。

そのため、象牙質が少しの刺激でも敏感に反応し、しみる症状がでます💦

一度退縮してしまった歯肉や、減ってしまったエナメル質は元には戻りません😢

歯ブラシの毛先がすぐに開いてしまう方は、ブラッシングが強い証拠です!!

歯ぎしりやくいしばりをする人は、保険治療のきく防止用のマウスピースをして寝ることをおススメします⭐️

また、治療の方法は症状の度合いによって変わりますので、ご相談ください😊


カテゴリー スタッフブログ, ブログ

妊娠中のお口の変化

2019-08-01

妊娠中のお口の中は、生活習慣や体質の変化から通常よりも

虫歯や歯周病になりやすいのです😫💦

その原因は…

①つわりによって奥歯の歯磨きが難しくなるため、磨き残しが多くなる。

②少しずつ何度も食事をするため、口の中で酸性の状態が長く続き虫歯ができやすくなる。

③女性ホルモンが増加して、通常よりも歯肉に炎症が起こりやすく、「妊娠性歯周炎」を引き起こす。

④だ液の性質が変化して、口の中がネバネバになり、細菌が活動しやすくなる。

歯周病のひどい妊婦さんは、歯周病菌の影響で早産や低体重児出産などの妊娠トラブルの危険性が高くなることが報告されています‼️

また、母子感染によって乳幼児へ虫歯菌が移ってしまうことがあり、虫歯の多いお母さんの子どもは、早くから虫歯になる可能性が高いと言われています😖💦💦

お母さんのお口の中を清潔にしておくことが、

赤ちゃんにとって、もっとも大切です✨


カテゴリー スタッフブログ, ブログ

クラプロックス

2019-06-27

本日は、新しく販売することになった歯ブラシのご紹介です✨

カラフルなデザインに、口内を細かく磨くことが出来るよう設計された

「8角形」の持ち手💡

超極細毛による、驚くほどの優しい磨き心地が特徴✨✨

他の歯ブラシに比べて30〜40%もの良好な歯石除去が可能!!

ブラッシングによるダメージを防止するだけでなく、プラークを徹底的に取り除きます😳

健康な歯をお持ちの方だけでなく、

・矯正用の器具をつけている方

・インプラントの方

・歯周炎の方

・口腔内を手術した方

にもご使用いただけます😊

来院された際には、是非物品コーナーにお立ち寄り下さい🙌


カテゴリー スタッフブログ, ブログ

はみがき粉のご紹介✨

2019-05-09

今回ご紹介するのは、

ルシェロペーストB・ルシェロペーストPの2種類です😆🙌

Bタイプは、

フッ化ナトリウム(虫歯の発生及び進行の予防)と

グリチルリチン酸ジカリウム(歯肉炎・歯周炎の予防、口臭の予防)成分を配合

虫歯、歯周病ケアに😌

Pタイプは、

Bタイプにプラスして

酢酸トコフェロール(歯肉炎・歯周炎の予防、口臭の予防)と

イソプロピルメチルフェノール、塩化セチルビリジニウム(歯肉炎・口臭の予防)の3つの有効成分配合

歯周病ケアに特化✨✨

香味はミントとマイルドミント(レモンフレーバー)の2種類です🌱🍋

来院した際は、是非物品コーナーにお立ち寄り下さい😊


カテゴリー スタッフブログ, ブログ