歯ぎしりとくいしばりの影響⚡️

2020-05-15

 

「歯ぎしり」や「くいしばり」が起こす全身への影響…

実はかなりあります💦

 

➡︎ 歯の摩耗・歯の破折・歯がしみる・噛むと痛い   など…

歯周組織➡︎ 歯肉炎・歯周病

顎関節➡︎ 顎関節症・開口障害・カックン音

全身➡︎ 顔面痛・頭痛・肩こり・腕のしびれ・腰痛

その他➡︎ 舌痛症・むちうち症状・倦怠感

 

まずは日中の気づきから☝️

仕事中や勉強中など、何かに夢中になっているとき、

ふと気がつくとくいしばりをしている、あるいは舌を吸いつけていることはありませんか?

そんな時には、肩を上下させ首から上の力を思いっきり抜いて、

頬の力を抜き歯を噛み合わせないようにしてみましょう😊

 

その次に寝ている時に✌️

・枕を低くする

後頭の一番出っ張ったところより首の付け根近くに枕を置きます。

そうすることで、口が開きやすくなりくいしばりを起こしにくくなります!!

 

上記のすべてが「歯ぎしり」「くいしばり」が原因というわけではないですが、

無用な悪い癖はなくした方が良いです💡

 

 

 

 

 

 

 


カテゴリー スタッフブログ, ブログ