親知らずの抜歯|いのうえ歯科クリニック|桶川

駐車場8台完備 048-787-9000"
埼玉県桶川市泉1-7-22
キービジュアル

口腔外科医」による親知らずの抜歯

~難症例にも対応~

  • CT分析
  • 安全性の追求

親知らずの抜歯のプロフェショナル「口腔外科医」の存在

医師

親知らずの抜歯は、歯科医院で行われている一般的な治療になりますが、実は、他の治療と異なり外科治療であり、ケースによっては大学病院を紹介されることも多い治療になります。

そして、親知らず周辺には太い血管や神経があり、それを傷つけてしまうと神経麻痺や多量の出血も伴うこともありますので、決して簡単な治療ではありません。

当院には、大学で口腔外科を専攻し、日本口腔外科学会「認定医」が在籍していますので、通常は大学病院を紹介されてしまうケースでも当院で対応可能になっています。

口腔外科医

医師

  • 日本大学歯学部卒業
  • 京都大学医学部付属病院臨床研修医
  • 病院歯科口腔外科勤務
  • 日本口腔外科学会 認定医
  • 臨床研修医指導医

また、当院には複数のドクターが在籍し、口腔外科医の指導のもと、全ドクターがレベルの高い抜歯処置ができる体制を整えております。

集合

その他、当院で行う親知らずの抜歯の特徴をご紹介します。

特徴1「CT」による事前の精密分析

分析

親知らずの抜歯は「外科処置」になりますので、慎重に治療を進める必要があります。

CT

当院では「CT(三次元立体画像撮影装置)」を活用し、事前に入念に診査診断を行います。一般的な二次元のレントゲンと比較し、精度高く診断が可能なので、安全性を追求することができます。

下記の画像をご覧ください。

」が二次元の画像、「」が三次元の画像(CT)です。
どちらも同じ部位を撮影したものになります。

  • 1
  • 2

右側の画像の赤丸部分に「黒い影」が見えると思います。
しかし、左側の画像には黒い影は見えません

実は、「黒い影」の部分が「問題が生じている部分」となります。

つまり、二次元での画像だけでは、この問題を発見できなかったことになります。

特徴2「難症例(水平埋伏)」にも対応しています

  • 3
  • 4

親知らずが横向きに生えている状態を「水平埋伏歯」と言います。
まっすぐ生えている歯に比べて抜歯が難しく、医院によっては大学病院に紹介となるケースもありますが、当院ではこのような症例にも対応可能です。

親知らずは「必ず」抜歯しなければならないの??

必ずしも抜歯しなければならないものではありません。
端的にお伝えすると、下記の場合は抜歯のご提案をします。

  • 痛みや腫れの原因になっている
  • 食べかすが詰まりやすく虫歯・歯周病の温床になる
  • 他の歯に損傷を与えている場合
  • 歯並びが悪くなる原因となっている場合

上記以外であれば、抜歯の必要はありません

しかし、この判断は歯科医師でなければできませんので、まずはご相談ください。